EX・ダンビー協会

出展概要

良かですよ 塩ビ!長寿命化、耐震化、臭気レスの決定版!~次世代へ繋ぐ技術と品質~

EX工法
◆概要
EX工法は、硬質塩化ビニル樹脂製の長尺管(EXパイプ)を蒸気と熱風により加熱軟化させてマンホールより既設管内に連続的に引き込み、パイプ内の蒸気圧を上げ、加熱・加圧することでEXパイプを拡径させて既設管内面に密着させ、更にエアーにより保圧・冷却した後に、管口を切断後処理することで、スピーディーに新たな管路を形成する工法です。
◆適用範囲
適用管径:本 管 自立管φ150~400、二層構造管φ150~600 取付管 φ100~200
施工方法:密着管 形成工法 熱形成タイプ
◆特長
(1) EXパイプは50年以上の実績がある硬質塩ビ管と同等の塩ビ樹脂をベースに開発。優れた耐食性、耐摩耗性を有し、長期的に安定した性能を維持します。
(2) 施工現場で化学反応をさせないため、工場で製造したパイプの品質そのままの更生が可能です。
(3) 一体構造管きょとしての耐震設計に対応でき、地震が発生した際に想定される既設管継手部の変位(引き抜き、屈曲)に追従します。
(4) EXパイプは有機溶剤を使用しないため、臭気対策や火災の心配がありません。住宅地等でも安心して施工できます。
(5) 既設管に密着させるため、曲がり部や段差部もスムーズに仕上り、ほとんどシワが発生しません。

ダンビー工法
◆概要
ダンビー工法は、既設管の内側に硬質塩化ビニル樹脂製の帯状部材(ストリップとSFジョイナー)を巻き立て、らせん状の表面部材を形成した後に、既設管との間にセメント系の充てん材を注入硬化させて、既設管と更生材が一体となった複合管として更生する工法です。さらに、溝部と伸縮部を併せ持つジョイナーを使用することにより、更生管は優れた耐震性能を発揮します。
◆適用範囲
適用管径:円形管 φ800~3000、非円形管 短辺800mm以下、長辺3000mm以下
施工方法:ら旋巻管 製管工法
◆特長
(1) ストリップ背面のT型リブがアンカーとなって、ストリップ・充てん材・既設管が一体化した、強度の高い複合管となります。
(2) 中央溝部とフレキシブル部を併せ持つSFジョイナーを使用することで、優れた耐震性能を有します。
(3) 管きょ内空断面の縮小を最小限で抑える上、内面粗度が改善されるため、既設管と同等以上の流量が確保できます。
(4) ストリップの材質は硬質塩化ビニル樹脂製であり、優れた耐薬品性・耐摩耗性及び耐久性を有します。
(5) 矩形きょや馬蹄形きょ等にも施工することが可能です。
(6) 新たに開発された曲線用ストリップにより、さらに大きな屈曲角、急曲線部においても連続的な製管更生が可能です。

EX、ダンビー両工法のプレゼンとともに、小口径対応のEX工法は実物大のEXパイプの拡径状況デモを行います。

EX工法 拡径状況図

ダンビー工法 概要図

出展者情報

小間番号
C-801
出展ゾーン
建設
住所
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-2-2ラポール茅場町三恵ビル303号
TEL
03-6806-7133
FAX
03-6806-7144
URL
http://www.ex-danby.jp/
担当
担当者:宮川 恒夫   担当部署:事務局   メール:info@ex-danby.jp
担当者
宮川 恒夫
担当部署
事務局
メール
info@ex-danby.jp

Page Top