EPR工法協会

出展概要

EPR工法 (エアーモールド工法・EPR-LS工法・EPF工法)

EPR工法 (エアーモールド工法・EPR-LS工法・EPF工法)

EPR工法協会では下水道展'18北九州において、大口径管補修「エアーモールド工法」および取付管全面更生「EPR-LS工法」をご紹介いたします。本工法はガラス繊維に常温硬化性樹脂を含浸させたライニング材を施工現場で硬化させることにより、老朽化した管路を非開削で補修する技術です。

●特徴

①硬化時の収縮がないエポキシ樹脂を使用するので、止水効果が抜群です。

②強度の高いライニング材により薄い仕上がり厚で、流下能力の低下を最小限に抑えられます。

③低臭気エポキシ樹脂を使用するので「臭い」の心配がありません。

④コンパクトな補修機材により、騒音、振動もなく、環境にやさしい技術です。

EPR工法は、豊富なバリエーションにより、小口径から大口径、本管、取付管、接合部まであらゆるニーズに対応しております。

EPR工法 バリエーション

出展者情報

小間番号
B-745
出展ゾーン
建設
住所
〒130-0003 東京都東京都墨田区横川3-11-15
TEL
03-3626-7298
FAX
03-3623-7377
URL
http://www.epr-koho.com
担当
担当部署:事務局
担当部署
事務局

Page Top