国土交通省国土技術政策総合研究所/国立研究開発法人土木研究所

出展概要

下水道技術を牽引する研究集団

下水道技術を牽引する研究集団

国土技術政策総合研究所及び土木研究所は、国の下水道に関する研究機関として、下水道行政が直面する様々な課題や社会的ニーズに対して、政策の企画・立案に資する研究(政策支援)、技術的な基準、ガイドライン等を整備するための研究(技術基準作成)、事業の執行・管理に必要な研究(技術支援・技術開発)、技術指導・成果の普及等に取り組んでいます。
下水道展では、国土技術政策総合研究所と土木研究所が現在取り組んでいる最新の研究内容を紹介するほか、技術相談、研究に対する要望等にも応じますので、みなさんお気軽にお立ち寄り下さい。

昨年度の様子
国総研:下水道研究室

下水道研究室は、下水道管きょの老朽化対策や地震対策、ゲリラ豪雨等による都市水害対策など、下水道に関する様々な技術的課題について、国土交通省本省に対する政策支援、技術基準の策定を行うとともに、下水道管理者である地方自治体等への技術支援を実施しています。また、国立研究開発法人土木研究所、日本下水道事業団、(公財)日本下水道新技術機構を始めとする下水道関連研究機関及び国内外の大学・研究所等と連携して、下水道に関する技術開発を進めています。
①ストックマネジメントに関する調査・研究
②都市浸水対策に関する調査・研究
③地震対策に関する調査・研究
④下水道分野における技術開発・普及に関する調査
⑤下水道革新的技術実証研究(B-DASHプロジェクト)
など

国総研下水道研究室のHPはこちら
国総研:下水道研究部 下水処理研究室

下水道施設に関する技術基準のマネジメントを中心に、資源利用、水環境再生に関する調査を通し、下水道事業に係る政策支援、技術基準の策定、地方自治体等への技術支援を行っています。
①下水道革新的技術実証研究(B-DASHプロジェクト)
②生物処理過程における一酸化二窒素発生抑制手法に関する検討
③流域における水環境マネジメント技術に関する検討
④下水処理施設における新たな衛生学的指標導入に関する検討
など

国総研下水処理研究室のHPはこちら
土研:先端材料資源研究センター(iMaRRC) 材料資源研究グループ 資源循環担当

◆限りある資源を有効に利用するため、下水処理水・下水汚泥、様々な廃棄物有効利用する方法の研究や、下水処理場での病原微生物の実態や制御に関わる調査・研究を行っています。
①地域バイオマスと下水汚泥の混合嫌気性消化特性の調査
②刈草を汚泥脱水助剤として活用する技術
③下水道資源を活用した微細藻類培養技術の開発
④定量的微生物リスク評価に関わる調査・研究例
⑤新たな感染症への対応に関わる調査・研究例
など

◆技術開発・特許
①みずみち棒を用いた汚泥の重力濃縮技術 ★模型展示あります★
②バイオ天然ガス化装置
③過給式流動燃焼システム

★ここをクリック★味噌汁による「みずみち棒」の実験動画です

出展者情報

小間番号
中-402
出展ゾーン
パブリック
住所
〒305-0804 茨城県つくば市旭1
TEL
029-864-3343
FAX
029-864-2817
URL
http://www.nilim.go.jp/
担当
担当者:松浦達郎   担当部署:下水道研究部下水道研究室
担当者
松浦達郎
担当部署
下水道研究部下水道研究室

Page Top