三菱化工機株式会社

出展概要

「高効率消化システムによる地産地消エネルギー活用技術の実用化に関する実証研究」について

「高効率消化システムによる地産地消エネルギー活用技術の実用化に関する実証研究」について

三菱化工機が、九州大学、日本下水道事業団、唐津市との共同研究体で進めている、汚泥消化技術を用いた地産地消型エネルギーシステムの構築に向けた低コストなバイオマス技術が、国土交通省の平成29年度「下水道革新的技術実証事業(通称:B-DASHプロジェクト)」に採択されました。本事業の名称は「高効率消化システムによる地産地消エネルギー活用技術の実用化に関する実証研究」です。

本事業では、消化槽の内部撹拌に外部動力を必要としない「無動力撹拌式消化槽」、バイオガス発生量を増加させつつ脱水汚泥の含水率を低減する「高効率加温設備(可溶化装置)」、高い発電効率を実現する「固体酸化物形燃料電池(SOFC)」の3つの技術を組み合わせ、下水処理場におけるエネルギー自給率向上等を実証します。



上記実証技術により、外部汚泥を含む地域バイオマスの利活用とエネルギー回収効率の向上が可能となり、下水処理場におけるエネルギー自給率の向上と地産地消型の再生可能エネルギー回収システムの普及促進につながるものと期待されます。



本年の下水道展では、上記実証技術の他に次のような展示を行います。

○下水道バイオガス原料による水素製造技術(平成26年度B-DASH事業)

○生物脱臭装置

○ミニパネル(超微細散気装置)

○スパイラルセパレータ(超高速沈殿装置)

○バイオガスシステム(稚内市生ごみ中間処理施設整備・運営事業)

○改良型スイングディスクスクリーン

○環境維持管理業務

イメージ

出展者情報

小間番号
大-311
出展ゾーン
下水処理
住所
〒210-8560 神奈川県川崎市川崎区大川町2-1
TEL
044-333-5377
FAX
044-333-5276
URL
http://www.kakoki.co.jp
担当
担当者:西平友紀   担当部署:企画部経営企画グループ   メール:nisihira@kakoki.co.jp
担当者
西平友紀
担当部署
企画部経営企画グループ
メール
nisihira@kakoki.co.jp

Page Top