クリアフロー工法協会

出展概要

急曲線管路への最適施工 -クリアフロー工法 -

急曲線部管路への施工を可能にした大口径管きょ更生工法

急曲線施工の実物大モデルを展示します!

急曲線部施工状況
工法の概要

 ポリエチレン製ライニング材に補強鋼材を装着した〈CFエレメント〉および〈CF充てん材〉により、複合管を築造する大口径管きょ更生工法です。
 本工法は、ライニング材に補強鋼材を装着させて一体化することにより、管体強度の向上を図っております。
 また、テーパーライニング材を使用することにより急曲線部にも適用でき、下水供用下においても大きな機械を搬入することなく施工できる工法です。

概要図
特長

〇最適な管体強度設計ができる
 ライニング材と補強鋼材の一体化により、複合管としての性能を最大限発揮します。
 また、必要に応じて自由に補強鋼材を設計できるため、最適な管体強度が得られます。

〇継手部の追従性に優れる
 既設管継手部付近にフレキシブルかん合材を用いることにより、既設管継手部に地震動等に
 よる目開きが生じた場合でも、内水圧0.05MPaの水密性を確保できます。
 (最大開き量:30mm)

〇急曲線部や屈曲部に適用できる
 既設管の線形に応じて工場加工したテーパーライニング材を使用することにより、曲率半径
 1.3B以上(B=既設管内幅)の急曲線部に適用できます。

 
【適用範囲】

 既設管寸法形状 : □1000~5000mm
           φ2000~5000mm
 施工延長    : 制限なし
 既設管継手部  : 段差  20mm以下
           隙間  150mm以下
           曲がり 1.3Bm以上(B=既設管内幅)

追従性概要図

出展者情報

小間番号
C-802
出展ゾーン
建設
住所
〒543-0016 大阪府大阪市天王寺区餌差町7番6号(株)大阪防水建設社内
TEL
06-6761-6100
FAX
06-6761-6100
URL
http://www.clear-flow.jp
担当
担当部署:本部事務局   メール:info@clear-flow.jp
担当部署
本部事務局
メール
info@clear-flow.jp

Page Top