株式会社明興テクノス

出展概要

明興テクノスの提供する施設監視のトータルソリューション

 明興テクノスは施設管理に必要な自社製品をご紹介します。
  ◆M2M/IoT技術とデータセンターを組み合わせた、施設監視のための統合型クラウドシステム「MeTIS-c」(メイティス-シー)
  ◆高いカスタマイズ性、長年の実績による豊富な機能と優れた安定性を持つ監視制御システム「MeTIS-s」(メイティス-エス)
  ◆初期導入費および更新費用の低価格化を実現した「上・下水道用地図情報システム」

  『MeTIS-c』
    施設管理の効率化を目的とした「設備監視」,「設備台帳」,「点検支援」,「地図情報」の4つの機能を
    併せ持った統合型システムです。
    データセンターはJDCC-FS ティア3相当のファシリティと高度なセキュリティで確かな運用を行っている
    明興データセンター(MDC)を活用しています。

    「設備監視」各施設の情報をデータセンターに集め、管理者はモバイル機器で”いつでも”,”どこでも”
          施設を監視することができます。
          専用の監視機器を必要としないため、専用機器の保守点検費や修理費、更新費など大幅な費用減が期待できます。
          また、従来のNTT専用回線をM2Mモバイル回線網に変更することでランニングコストの削減が期待できます。
    「設備台帳」各施設の設備や機器の情報を登録・編集することができ、登録した情報は手元のモバイル機器で参照できます。
    「点検支援」点検に必要な計画から点検実施、報告書作成の一連の作業を行うことができ、点検者の負担を軽減します。
    「地図情報」Googleマップ(*1)を利用した地図上に管路や弁栓、メーターなどのシンボルを簡単に書き込むことができ、それぞれに
          属性情報を与えることができます。
          (*1) (C)2015 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc.
          の登録商標です。

  『監視制御システム』
    従来のNTT専用回線から、これまでの通信技術に加え、M2Mモバイル技術に変更することにより、クラウドとの併用やクラウドへの
    移行にも柔軟に対応可能なシステムとなっております。
  『上・下水道用地図情報システム』(MAPS)
    道路に埋設された水道配管や弁栓等を登録・編集・管理できる地図情報システムです。市販の電子地図を採用し、実務担当者様の
    アドバイスで使用頻度の高い機能を厳選してシステムの導入費用や更新費用を大幅に抑えたシステムです。

  下水道展’18北九州では上記製品のデモンストレーションをお見せしながら解説いたします。
  是非、ご覧ください。

施設監視のトータルソリューション

出展者情報

小間番号
大-212
出展ゾーン
下水処理
住所
〒891-0114 鹿児島県鹿児島市小松原1丁目10番8号
TEL
099-269-2711
FAX
099-268-9062
URL
http://www.m-technos.co.jp/
担当
担当部署:システム開発部
担当部署
システム開発部

Page Top